ハウスクリーニングの先輩オーナーに突撃インタビュー

ハウスクリーニングの先輩オーナーに突撃インタビュー

リアシルスタッフ

一人目は、おそうじ本舗FC / 東北で開業8年 /  50代女性に聞きました。

ー収益は実際のところどうでしょうか?

 

安定した収益が出るまでは5年ほどかかりました。やはり当初はお客様がいないので、チラシをがんばってまいたり。

 

今では新規のお客さんもリピートになってくれる方が5割ほどになっていますが、1・2年目のときは2~3割ぐらいだったので最初は大変でした。

 

ただ、リピートは接客次第で増やしていけるので、自分たちが頑張ればその分お客さんも増えていきました。

 

 

ー本部についてはどうでしたか?

 

事前の説明では支援すると聞いていましたが、うちの店舗に関してはあまりなかったように思います。

 

本部の紹介案件もなかったですが、やはり独立した以上自分でやっていくものだと思います。

 

 

ーやってみて分かったことはありますか?

 

繁忙期と閑散期の差が激しいことが分かりました。大体閑散期は仕事が半分くらいになるイメージです。

 

その分、繁忙期は忙しくて大変ですが、頑張る時期でもありますね。

 

 

ー突然の取材へのご協力ありがとうございました!

 

リアシルスタッフ

二人目は、おそうじ本舗FC / 都内で開業10年 /  40代男性に聞きました。

ー収益は実際どうでしょう?

 

ハウスクリーニングだけではそこまで儲からないので、おそうじ本舗とは別に自力で病院などの法人向けの清掃業もやっています。特に閑散期は厳しいですから。

 

本部の平均月商資料は100万以上と書いてるけど、社員をいっぱい雇って年商1億とかの加盟店もあってそういうところが平均値を上げているので、「平均値のマジック」には注意した方がいいですね。

 

加盟店の中央値としては月商50~60万くらいじゃないかな。うちは都内なのでいいけど、地方だとやっぱり低くなるかなと思う。

 

 

ー開業して10年ほど継続されているということで何か変わったことはありますか?

 

やっぱり「暮らしのマーケット」が伸びていることが大きいよね。検索すれば分かるけど、ネットで上位に出てくるので、ここから頼むお客さんがめちゃくちゃ増えてます。

 

「暮らしのマーケット」の中だと口コミの点数や内容で選ばれるから、フランチャイズに今加盟する意味はあまりないかもしれない。

 

うちも、「暮らしのマーケット」から集客した方がいいんじゃないかと検討しているところです。

 

 

ー独立を考えている方へのアドバイスをお願いします!

 

フランチャイズに加盟してすぐに仕事があると思わないことが大事だと思います。

 

本部が何かやってくれるわけではないですし、うちも最初は不動産屋に営業をかけて安い室内清掃をどんどん請け負ってました。

 

本部は加盟前は美味しい話をしてきますが、それは鵜呑みにせずに自分で頑張るつもりでやるといいと思います。

 

 

ー突然の取材へのご協力ありがとうございました!

 

リアシルスタッフ

次は、おそうじ本舗FC / 関東で開業数年 /  40代男性に聞きました。

ー収益は実際どうでしょう?

 

うちは開業当初から月商100万ほどいけました。自分の場合は、他のおそうじ本舗の店舗で1年修行させてもらった下積みがあったので、軌道に乗りやすかったと思います。

 

本部も担当のスーパーバイザーに聞けばいろいろ教えてくれたし、本部から仕事ももらえたりして助かりました。

 

 

ー繁忙期と閑散期の差はどうですか?

 

雲泥の差ですね。繁忙期は本部からも紹介もらえるけど、閑散期は当然全くもらえないですし。

 

うちは閑散期は不動産会社からの空き室清掃の仕事や草刈りなどもやっています。

 

 

ーリピートを増やすために工夫されていることは?

 

お正月はがきを出したり、メルマガやLINE公式アカウントなんかも運用しています。あと、マグネットを渡すのも効果的です。

 

これだけやると、月の売り上げの2~3割はリピートのお客さんになってくるので、安定してきますね。

 

 

ー独立を考えている方へのアドバイスをお願いします!

 

本部を当てにせずに、むしろおそうじ本舗の「看板」をうまく使うという意識でやるとうまくいくと思います。がんばってください!

 

 

ー突然の取材へのご協力ありがとうございました!