3分でサクッと分かる!「買取FC」

リアシルスタッフ

もともとは買取ビジネスなんて考えたこともなかった人が、話を聞いて結構加盟しているよ!
え、そんな隠れた魅力があるんですか…!?

脱サラくん

リアシルスタッフ

一人で出来て、しかも年収1000万を目指せる業態なんだ!
き、気になりますね…!

脱サラくん

1.買取FCの概要

ブランドバックや時計、貴金属などを一般消費者から買い取る店舗を運営します。

主なユーザーは50代以上の女性で、持ち込んでもらったものを店頭で査定し、買取を行います。ブックオフが店頭に売りたい本を持参してもらって、買取を行うのと同じです。

ただし、ブックオフと異なる点は、買い取った品物を加盟店オーナーが自ら店舗で売るのではなく、そのまま本部が買い取ってくれること。

例えば、「5万で本部に売れると分かっているバッグを3万円で買い取る」といったようなイメージです。

このように本部の買取価格が予め分かっているため、ユーザーから買い取る時点で利益が確定するという非常にやりやすい商売と言えます。

2.収益モデル

月100名くらいの集客ができて、先程のように「お客さんから3万円で買って、本部に5万円で売る」という流れを繰り返せば、月ベースで200万円以上(!)という非常に高い粗利になります。

ここから、運営でかかったコストを差し引いて残った分が利益となるわけですが、実はコストもそこまでかかるビジネスではありません。

月100名ほどの来店だと1日あたり3・4人ほどの接客になるので、自分ひとりで十分出来て、「人件費」もかかりません。

また、売り場が不要で、商談テーブルと小さなバックヤードを用意するだけなので、5坪程度でも開業可能で、「家賃」もそこまでかかりません。

一番大きな費用項目は、「広告費(主にチラシ)」になります。

買取ビジネスは粗利が抜群に高く、費用も低いので、うまくいけば高利益を叩き出すことができることがポイントです。

3.どんな仕事?

買取というと、「査定」が難しそうなイメージを持つかもしれません。ただ、接客中にバックヤードで本部に電話相談もできるので、サポートが充実しているFCに加盟すれば、そこまで問題はありません。

それよりも、重要なのは「接客」です。

お客さんの気持ちを想像してみてください。買取店に自分の物を持ち込むとき、「この店、大丈夫かな…!?」と少し不安な気持ちを持っています。「まずは試しに1品だけ持ち込んでみよう」という初来店が結構多いわけです。

ここであなたの接客で「あ、ここなら信頼できる!」となれば、リピーターとなって色々な物を売ってくれるようになります。

「査定」の技術よりも、「対人印象」の方が断然重要です。

ですので、一人で出来るビジネスだからと、人と話すのが苦手な人が始めると失敗しやすいので、注意してください。

4.年収や働き方

上記のように月ベースで粗利200万以上を叩き出せば、十分に年収1000万以上になります。接客で対応できる人数はまだまだ余裕があるので、さらにうまくいけば、年収1500万超も狙えるビジネスです。

一方で、接客が下手でリピーターを作れない場合や、そもそも集客が上手くいかない場合は、赤字になるケースもあります。

また、働き方としては、一人で回せるのが特徴です。

接客の合間に事務作業なども行い、営業時間内に仕事を終えることが可能で、長時間労働をする必要はなく、定休日もあるので、ホワイトな働き方をしている方が多い業界です。

5.開業資金

準備中。

6.リアシルスタッフからのまとめ

リアシルスタッフ

今まで買取ビジネスを考えたことなかった人にも、一人で回しつつ高収入にチャンレジしたい人にはオススメです。リピート客を掴む接客を行うことがポイントです。